ハーモニータウン汐彩

  • 事業主・売主
  • 安来市土地開発公社(安来市役所 伯太庁舎内)
    〒692-0207 安来市伯太町東母里580番地
    TEL.0854-23-3388 FAX.0854-37-0101

土地開発公社について

お知らせ

新築支援補助金・住宅地貸付・定期借地権のご案内について (再掲載)

 

 

 

 

 

 

 

やすぎハーモニータウン汐彩

 

新制度のご案内

 

・はじめに

 ハーモニータウン汐彩住宅団地の分譲地販売を安来市土地開発公社にて行っています。

 2018年度(平成30年度)より2022年度末までの間におきまして、当公社未分譲地の土地売買契約が成立し、3年以内に自らがお住まいになる目的の住宅を建築される場合に、「新築支援補助金」としまして100万円を施主様に補助いたします。

 安来市の定住化・子育てなどの施策に追従し、住み良い街づくりにお役に立てればと考えています。

 また、若い世代への支援、安来市へのIターン・Uターンを希望される方への住宅地支援にも力を傾注する必要もあるものと考えております。

 そこで、土地の分譲販売の他に、新たな制度と致しまして「住宅地貸付」「定期借地権」の2つの制度を加えさせて戴きました。

 すべての区画を対象とした「新築支援補助金」「住宅地貸付」「定期借地権」の3つの柱から、いずれかを選択して戴けるような内容をご提案させて戴きます。

 なお、「住宅地貸付」及び「定期借地権」につきましては、安来市土地開発公社ではなく、安来市が行う制度となります。

 どうかご検討を戴きますようにお願いを申し上げます。

安来市土地開発公社

                                        

 

 

 

新築支援補助金

概 要

 

 安来市土地開発公社の分譲地を2018年4月1日から2023年3月31日までに土地売買契約を締結し、契約締結日から起算し3年以内に自らが居住する目的の住宅を建築された場合、新築支援補助金として100万円を補助します。

 

※土地売買契約締結から3年以内に建築された場合とは、建築着手ではなく建築工事完了及び補助金実施報告書の提出までが要件になります。

 

 新築支援補助金制度の手順は次の内容です。

 

 ①安来市土地開発公社分譲地の土地売買契約締結

 ②土地購入者は、分譲地購入後3年以内に自己が居住する住宅を建築

 ③土地開発公社と土地売買契約の締結と手付金の納入後において「新築支援補助金交付申請書」を土地開発公社へ提出(建築請負契約書(写)などの添付書類等の要件あり)

 ④補助金交付申請書が提出され土地開発公社にて審査後、交付金決定通知書を交付し、補助金交付請求書を受理後に補助金をお支払いします。

 ⑤建築工事が完了時に「補助金実施報告書」を提出していただきます。

 ⑥新築支援補助金交付要綱に定めた要件に満たない場合は、補助金をお支払いした以降でも返還して戴く場合があります。

  詳しくは、「安来市土地開発公社新築支援補助金交付要綱」をご覧ください。

 

 要綱・申請書様式

 

住宅地貸付

概 要

 

 土地を購入するのではなく、安来市より35年間、有償にて土地を借受け、住宅(集合住宅を含む)を建築する目的の制度です。

 また35年後には、土地を安来市から譲り受けることも可能です。

 現在の土地所有者は、安来市土地開発公社ですが、この制度を利用される方が決定した場合は土地の所有権を安来市へ移転し、安来市との貸付契約となります。

 

 住宅地貸付制度の手順は次の内容です。

 

 ①この制度を利用したい方より安来市に対して申請書を提出して戴きます。

 ②安来市は、この申請書を受理及び審査後に合否の決定を行います。

 ③決定がされた場合、土地の所有権を安来市土地開発公社から安来市へ移転します。

 ④安来市と申請者(借受者)との住宅地賃貸借契約を締結します。

   契約時に、保証金として100万円を納付していただきます。

   ※35年後の土地の返却時に保証金は返還します。

   ※35年後、土地を安来市より譲り受けられる場合、保証金は土地代金に含めます。

   賃料は、区画毎に金額が違いますのでご注意ください。

   賃料の算定は、土地価格から保証金を差し引いた額を420ヶ月(35年)で割った金額になります。(百円未満を切り上げ)

    ※算定例 「5番区画」の場合

     土地価格 7,010,500円

     7,010,500円 -(保証金)1,000,000  = 6,010,500円

     6,010,500円 / 420ヶ月(35年×12月)≒  14,400円/月

             (百円未満を切り上げ)        

 ⑤ 35年後、賃料の完納となった時が住宅地賃貸借契約の満了となります。

   この時に、土地を安来市へ返還するか、安来市から譲渡を受けるか選択することができます。

        ※土地を返還される場合は、契約満了の日までに建物等を撤去し更地にしていただく必要があります。

 ⑥ 安来市より譲り受けられる場合、所有権移転登記は安来市が行います。この場合、登記費用は掛かりませんが、登録免許税、住民票などご準備をいただく必要があります。(その時点での登記制度に従って実施します。)

      ハーモニータウン汐彩分譲土地一覧表「価格表・貸付料(月額)」

 

 ※ これに伴う住宅地貸付要綱、申請書等の詳細内容につきましては、

   安来市役所 建設部 都市政策課へお問い合わせください。

      電話(0854)23-3310

  安来市役所ホームページ https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/shushoku/shiosai.html

   

 

 

 

 

定期借地権

概 要

 

 土地を購入するより、安価な費用でマイホームを持つことができます。

 土地の賃料は、どの区画でも一律7,000円(月額)です。

 土地の賃料が安価なので、建物の建築費用や家計に回すことができます。

 定期借地権設定契約(以降、「定借契約」という。)を安来市と締結し、51年後には更地にしたうえで安来市へ返却する条件とした制度です。また、契約期間の延長はありません。

 定借契約の締結から、2年以内に建物を建築するのが条件のひとつになります。

 定借契約時に、保証金として100万円が必要です。定借契約期間が満了した場合は、保証金の100万円を返還します。

 現在の土地所有者は、安来市土地開発公社ですが、この制度を利用される方が確定した場合、土地の所有権を安来市へ移転し、安来市との定借契約となります。

 

 ※安来市と定借契約を締結後、住宅の建築、また50年後には返却のために建物の解体が必要ですので、50年間のお住まい期間と、建物の建築及び解体  期間のおよそ1年間を合算した51年間が契約期間となります。

  ※定借契約締結後、仮に土地の購入を希望される場合は、その時点での分譲価格で購入して戴きます。

 ※定期借地権の制度上、定借契約の期間満了後において、契約期間の延長はできませんのでご注意願います。

 

 定期借地権制度の手順は次の内容です。

 

 ①この制度を利用したい方より安来市に対して申請書を提出して戴きます。

 ②安来市は、この申請書を受理及び審査後に合否の決定を行います。

 ③決定がされた場合、土地の所有権を安来市土地開発公社から安来市へ移転します。

  ④安来市から発行された納入通知書により保証金100万円を収めて下さい。入金後に定期借地権設定契約を締結します。

 ⑤定借契約締結後、松江公証人役場(松江市母衣町95番地)にて公正証書を作成します。

 ⑥土地の賃料である7,000円を毎月お支払い下さい。

 ⑦定借契約期間の満了時までに建物等の物件を撤去し更地の状況で安来市へ返却して下さい。現地の確認を安来市担当者により確認したのちに保証金100万円を返却します。

 

 

 定期借地権とは?

 

 1.定期借地権は、平成20年1月改正の「借地借家法」により誕生しました。従来の借地権と異なり、当初定められた契約期間で借地関係が終了し、その後の更新はありません。

     (建物の再築などの理由による期間の延長も含みます。)

       ※借地借家法第22条

 

   借地期間については50年以上を条件とすることにより、

    a. 契約の更新をしない。

    b. 建物再築による期間の延長をしない。

    c. 期間満了による建物の買取請求をしない。

   という3条件を特約とした公正証書などの書面で契約をすることで成立します。

      ハーモニータウン汐彩分譲土地一覧表「価格表・貸付料(月額)」

 

 ※ これに伴う定期借地権要綱、申請書等の詳細内容につきましては、

   安来市役所 建設部 都市政策課までお問い合わせください。

      電話(0854)23-3310

   安来市役所ホームページ https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/shushoku/shiosai.html